家族にまつわる不幸話

何かというとすぐ自殺をほのめかす妹に振り回される人生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
兄と妹

妹はいわゆる「かまってちゃん」

妹が心の底から嫌いすぎて一人暮らしを始めた。実家は都内にあって、会社まで電車1本で行ける。だから一人暮らしする必要性なんてまったくないのに、出ざるを得なかった……。

小学生の頃、妹は階段から落ちて骨折し、入院することになった。このとき、親や学校の先生や友達がチヤホヤしたのに味をしめたんだと思う。それから妹は、ことあるごとにケガのフリ、具合がわるいフリをするようになった。
足が痛いのに体育頑張るワタシ。体調不良をおして登校するワタシ。
そんなシチュエーションに酔ってるんだろう。自分が世界で一番不幸みてーなツラしやがって。

そんな妹も去年から社会人になって働き始めた。同時くらいにツイッターを始めて、なぜか両親にフォローするよう強制された。
「○○はつらくても自分じゃ言えない子だから、ツイッターで様子がおかしかったら励ましてあげて」だと。
知るかよ! ガキじゃねーんだからツラかったら自分で何とかしろよ! なんで姉ってだけで無料でメンタルフォローしなきゃなんないんだよ!

で、妹のツイッターに投稿されるワードは決まってる。「つら」「死にたみ」「もう死ぬしか」の3点セット。
「電車混んでる死にたい」とか、それはアンタのせいで「ドアの確認で1時間も遅延して殺人級の混雑になることが当たり前な路線で通勤せざるを得ない」私への当てつけか?

 

死にたい妹に「じゃあ死ねば」と言った結果

ある日、妹は仕事でダメ出しをされた揚句、残業させられたらしい。

彼女のツイッターには
「勤務態度が悪いって言われた揚句、2時間も残業させられた。もうムリ死にたみしかない」と。

こう書くとわかると思うけど、妹の職場はユルく、彼女のナメた勤務態度でも注意されることはほぼなく、基本的に残業はない。そんなことを、毎日3回は更年期障害の上司につっかかられ、月の残業が60時間超えがデフォの私に言われても……。
だから私は
「うわーカワイソ。それはもう、死ぬしかないかもわからんねwwwww」とコメント。

すると3時間後、夜中の2時に実家から電話がかかってきた。
「妹がカッターで自殺未遂をした! お前のせいだ! すぐに戻って撤回しろ!」

言っとくけどこれ、初めてじゃないからね。
両親が「自殺未遂!」ってテンパるのもかれこれ15回目くらいで、その実態はというと「カッター持ってボーッとしてるだけ」「大量の睡眠薬買ってきただけ」「ベランダの柵から上半身乗り出しただけ」だからね。
彼氏に振られた学校行きたくないっていうから「好きにしな」と言ったら、無断欠席して行方不明沙汰になったし。
バイトつらい辞めたいって言うから「辞めれば」と言ったらすぐ辞めて、次は「お金無くなった。バイト採用されない死にたい」だし。

タクシー(自腹)で実家に帰ってみると、妹は確かに血を流してた。でも切ったのは手首じゃなくて、腕の表側の上のほう。間違ってグサッと行っても動脈は絶対傷つけないであろう場所。
死ぬ気もないのに大騒ぎすんなよ……。

いい加減除籍して家族との縁を切るつもり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*